車種選び方 お店選び方

旧型モデルの車種情報はアプリでも簡単にGETできる!

旧型モデルの中古車を購入する時に困るのが新車時の情報探しだ。

 

古い車のカタログは入手困難な場合も多い。そんな時はスマートフォンの無料アプリ「車カタログ カーセンサー」などが活用できる。最新モデルはもちろん、過去に発売された車の新車時情報を網羅したカタログになっている。これがあればネット上で情報を探しまわらなくても、簡単に車種ごとに比較検討ができる。

 

みんな何を使って中古車を探している?

車のイラスト

  • PCの中古車検索サイト: 37.7%
  • 懇意にしている中古車販売店: 26.2%
  • 近所にあった中古車販売店: 16.1%
  • 中古車情報誌: 3.3%
  • ケータイサイト: 3.0%
  • その他: 13.7%

最も多くの人が使ったのはPCの中古車検索サイト。最大のメリットは全国の流通物件を一挙に見ることができることだ。条件を設定した検索も楽に出来るので時短的にも有利だ!

 

何を比べればいい?は「条件の整理」で一発解消

「自分の条件」が決まれば、それはほぼ車種が決まることと同義。車種選びで迷ったらまずは必要条件をリストアップしよう。例えば「5ナンバーサイズでミニバンというだけでも、数車種に絞られる。更にそこに予算や必要な装備などが加われば、あらかた購入すべき車種は決まる、というわけだ。そこから先はデザインの好みだけを選ぶだけ、という事にも成り得る。

 

ネットでは出来ない相談もできる!

検索で出てきた車を予算内で買う、それだけなら確かにネットで事足りる。でもその物件が高いのか、安いのかは分からない。その点販売店なら相場も含めて相談に乗ってもらえる。また条件に合う車が見つからない場合でも、ほかに魅力ある車を提案することも出来る!

 

 

口コミ情報を使って優良販売店を簡単に見つける

優良販売店を見つけるには、実際にそのお店で購入した人に話を聞くのが一番の近道。それを実現できるのがネットなどの口コミサイトだ。先輩ユーザーが購入したお店の接客態度、お店の雰囲気、アフターサービス、車両品質、そして総合評価をそれぞれ評価しているサイトもある。更にどんなお店なのか書き込まれたコメントを閲覧でき、お店からの返信も書かれていたりするので対応もチェックできる。「ユーザーをだまして劣悪な車を売りつける悪徳店」などは今やほとんど存在しないものの、評価の優劣があるのは事実。優良販売店を選んで、満足度の高い購入を実現しよう。

 

実は販売店選びにこそ時間をかけるべし!

時短テクニックとは逆を行くが、お店選びには時間をかけて欲しい。車は購入したら終わりではなく、その後も車検や整備などで販売店とも付き合いが続く場合が多い。安心して買うだけでなく、万が一の時のためにも信頼出来るお店をしっかりと選んでおきたい。

 

 

購入プランを駆使して「条件にあう車がない」を解決

「状態もいいし、予算にも合うけどナビがない・・・」。そんな場合はまた一から探すのではなく、購入プランを活用すれば時短に効く。購入プランは車と一緒にアフターパーツなどを購入できるもので、ETCやナビなど定番装備は多く設定されているので探しやすい。

 

みんなが購入に「必須条件」にしていることは?

1位 車両本体価格
2位 走行距離
3位 車種
4位 年式
5位 修復履歴の有無

 

価格は当然だが、走行距離や年式、修復歴など車の状態に関係する項目を条件とする人が多い。