総額表示 諸費用

総額表示で見積書を待つ時間を省く!

総額表示をみてコミコミ額を把握
車は車両本体価格だけでは買えない。税金や販売店への手数料などの諸費用が必要になるからだ。

 

では全部でいくら支払う必要があるのか。昔は見積を取らなければ分からなかったが、支払総額を明示するお店がかなり増えている。

 

総額同士ならその金額だけで高いのか、安いのか比較出来るので時短に有効だ。

 

諸費用の内容は総額表示でも確認を!

チェックポイント

法定費用

国や地方自治体に納める税金で、車種や排気量によって金額が変わる。支払金額に含まれるべきお金なので別途請求されたら注意

 

法定整備費用

法定12ヶ月(または24ヶ月)定期点検の費用、これ以外に整備と名のつく費用を請求された場合はお店独自のものなので内容を確認

 

販売店手数料

車庫証明取得や名義変更などの代行費用がこれに含まれる。「一式」など書かれていた場合は念のため内容を確認しておこう

 

納車費用

支払総額の金額で購入する場合は、店頭での車両引き取りが前提となっているので自宅などに届けてもらう場合は別途必要

 

クリーニング費用

その名の通り車内清掃の費用、この費用が代表的だが不要な場合は省くことができる項目もあるので気になったらお店にきいてみよう

 

総額表示は細かく確認しよう!

総額が表示されている物件であっても見積書は必ずチェックしよう。諸費用の金額は販売店によって異なるため、車両本体価格が安くても、諸費用がとても高い場合もある。

 

もちろん諸費用が高くても内容と金額に納得できれば購入しても問題はない。チェックすべきは、おかしな項目・金額が含まれていないかということだ。