下取り 買い取り 査定

効率を考えるなら下取り、売却額を狙うなら買い取り

最短ルートを目指すなら下取りがオススメ
買い替えの場合は現愛車を手放す手間が一つ増える。その際、下取りと売却、2つの方法があるが、効率を重視するなら断然下取り。

 

買取専門店などに依頼すれば高額査定も狙えるが、手放すタイミングを調整したり、購入と売却で書類を取り交わすお店が2つになるなど、何かと手間が増えるからだ。

 

ちなみに下取りの場合は販売店へ現愛車を持っていくのをお忘れなきよう。

 

売却でも段取り次第でスムーズに手放せる

車イラスト

いくら下取りが楽とはいえ、売却であっても納車までの最短ルートは十分狙える。そのためにやはり段取りを把握しておくこと。

 

最も重要なのは手放すタイミングの見極めだ。
売却の場合、早めに査定に出して、実際に売却するまで時間があると、その間に価値が下がってしまうこともある。

 

買取店と相談しつつ、次の車の納車時期が決まったら、一気に動き出そう。

 

下取りでも高値が狙える販売店もある

一般に買取専門店のほうが査定額は高いと思われているが、中には下取り車や買い取った物件を直接自社で販売して、他のお店よりよりも高額査定をつける場合もある。

 

手放すのも楽なので、はじめから下取りに力をいれているお店での買い替えを考えても良い場合もあるので、臨機応変に立ちまわることが必要。

 

買取店ではなく、オンライン査定の活用も視野に入れよう!

愛車を売るなら少しでも高く売りたいもの。下取り、中古車買取店、そしてオンライン査定と3つの方法を考慮することで最高値で売れる可能性が高くなる。オンライン査定は無料で行えるので、ネットで検索してみるのがオススメ。